this worthless life

思ったことをそのまま書きます

『マンチェスターバイザシー』 感想

ミニシアターで観てきました。

冒頭、船の上で主人公のリーとリーの兄の小さな息子とがふざけあって笑っている、睦ましい姿が映し出されます。それからすぐ雪の降るボストンで便利屋として働いている現在のリーが出てきます。人と接することを好まず、ただただ生きているだけの生活をしているとき、兄が亡くなったと知らせを受けます。そして何年振りかに故郷のマンチェスターバイザシーに帰ります。「あのリー?」故郷ではリーの姿を見てそういいます。兄は数年前から虚血性心不全の診断を受けており、生前、弁護士に息子の後見人をリーに託すと遺言を残していました。リーは自分が犯してしまった取り返しのつかない罪からこの街に戻ることを好みません。高校生になっていた兄の息子パトリックにボストンで暮らすと言いますが、パトリックは友人などの関係から町を離れることを嫌がります。離婚した兄の奥さん(つまり自分の母親)とパトリックは連絡を取り合っていて、母と暮らしたいとも思いますが、母親と再婚相手はパトリックとの間に距離を置きたがります。主人公のリーを演じていたケイシー・アフレックがアカデミー主演男優賞をとっていましたが、この兄の息子役の青年も演技がかなり上手い。チャラ男であり父親を亡くし母から突き放された陰のある青年とを非常に上手く演じています。現在と過去とが交差されますが、兄は誰よりもリーを心配していた。リーは故郷を離れ、罪悪感から自分は幸せになってはいけない、と思っていたのだろう。それで何もないアパートで最低賃金の便利屋として働いていることを知り「この部屋は生きているものの部屋ではない」と、自分の息子と家具を買いに行った。リーにしっかりと生きてもらいたかったからこそ息子の後見人にした。それが兄の優しさだった。

静かな映画でした。アカデミー脚本賞をとっただけあって、脚本もそして出てくる俳優がすべて上手い。

罪にはならなくてもどうしても自分が許せない、この街にいるのは辛すぎる。

私は音楽のことは詳しくないのですが、、夫とこの映画を観に行ってジャズ好きの夫が「音楽のチョイスがいい」と言っていました。過去の幸せだったころに流れるレイチャールズ。そしてラストに流れる「 I’M BEGINNING TO SEE THE LIGHT」ジャズの名曲だそうです。”光が見えてきた”

 

ポスター画像

父親の死

 

 筋肉とはすごいもので、歩くこと、食べること、表情を作ること、声を出すこと、息をすること、そして心臓を動かすこと、これらの働きを全て行っている。

 

audubon.hatenablog.com

 

audubon.hatenablog.com

全く歩けなくなって、顔の表情が硬直していた。ホームの人から「時々不整脈になる」と言われた。寝るばかりして動かないから、筋力がなくなって身体機能が低下してきた。

入院する一週間前に車椅子を押してお墓参りに行った。私が水をかけようとすると「わしがやる」と言って、突然立ち上がった。お父さん、立つことができるの?そして立ち上がって水をかけた。「わし、ここに来たかったんだ」。

 入院をした後、6月4日になって、とうとう飲み込む行為ができなくなってしまった。その日から点滴2本だけの生活が始まった。点滴だけなら1か月持つかどうか。胸が痛いと言っていた。6月の末には目を開けたり、閉じたりするだけで、口を開けて話すのが困難になったようだった。7月になり、7月まで生きることができた、と思った瞬間に亡くなった。兄から電話をもらい、私が行ったときにはすでに亡くなっていた。

「元気だったのに容態が急変した」

そう言って親戚に電話をし始めた。

葬儀場に行き、葬式の手続きが始められた。父の弟がやってきて「ホームに入ったことも他の人から聞いて知った。入院していたことは知らなかった。それでお前たちはなぜあの家に住んでいるんだ」「なぜ友達や近所は呼ばないんだ」と苦情を言い出した。夫が息子に電話をし「来なくていいから」「結婚式だって親戚は5人しかこなかったんだぞ。異常だと思わないか?お母さんはどちらでもいいと言ったけれど、来なくていいということだ」。息子は「仲が悪いとか、親戚がどうだとかそんなこと関係ない。とにかく行くから」。そう言ってその日のうちに帰ってきた。

弔問客は7人。15人だけの小さな葬式が行われた。

不思議なことに少しも悲しくなかった。涙も全くでなかった。父は亡くなって幸せになったんじゃないのか。むしろ亡くなった方が幸せだったんじゃないのか。

 

「それって楢山節考と同じ、姥捨て山じゃない?」

「そう。捨てたの。父親を捨てたの」

 

先日友人とこういう会話をした。騙してホームに入れたときから、父の人生は亡きものと同じだった。

「わしが死んだら、お前はこの家に入ることはできなくなる。わしが生きている間に欲しいものがあるなら持って帰れ」

お父さん。要るものなんてないよ。結局、私もお父さんと同じように、あの家からは出されたんだけどね。

遺体は病院からすぐ葬儀場に運ばれ、父はホームに入ってから一度も自分の家に帰ることはなかった。亡くなって、骨になって、やっと家に帰ることができた。

 

ごめんなさい。

 

お金を貯めるばかりで使わない父を、私は若い頃なじった。父とは喧嘩ばかりしていた。思春期になり口を利かなくなった。

母が亡くなってしばらくは一人暮らしを満喫していたのが、年をとり、孤独になってからおかしくなり始めた。老人は孤独で寂しさを感じだすと認知症が始まる。異常を感じた隣家の人や友達が頻繁にゲートボールやらに誘うようになった。

「こんなところにいたの?ゲートボールに誘いに行っても、最近鍵が閉まったままだから心配していたのよ」

事故を起こして総合病院にいたとき、散歩中に父の友人に会った。

「あなたのお父さん。誘いに行ったらゲートボールってどこでしているのか?と聞いてきたんだよ」

ホームに入った後、海のそばを散歩しているとき、別の友人から声をかけられた。

友人たちはそれぞれに父のことを心配してくれていた。

葬式には隣家の人と自治会長と2人だけ来てくれた。家族葬にするからと呼ばなかった。

天国はお花畑があり、母もいる。多分とても素敵なところ。お父さんはやっと幸せになれる。

 

ごめんなさい。

 

そして今までありがとう。

 

 

 

映画『素敵なサプライズ』 感想

 

夫が語ったなかで、数少ない感銘を受けた言葉がある。

映画館は神社と似ている

「神社の鳥居をくぐって本殿に行く。そこは喧噪から離れて、本殿に行くまでが心の準備をする間であり、厳かな気持ちになる。お参りをして鳥居から外に出ると、現実の喧騒がある。それと同じで、外の喧騒から離れて映画館の暗い通路を通っていくと、そこには別の世界がある。そして映画を観た後、また暗い通路を通り外に出たとき、人々の声や車の音で現実に戻される」

倍速で映画を観るのが話題になっていたが、これは映画に何を求めるかが問題になる。『80日間世界一周』の映画をbsテレビの録画で観た。悪くはないが、小説の上澄みをすくったような映画で深みがなかった。3時間この映画を観るなら、3時間原作を読んだ方いいと思った。倍速では見なかったが。映画をテレビドラマと同じように考えていたら、倍速で見ようと思うのだろう。映画とテレビドラマは違う。最近録画した番組ばかり見ている。

”テレビは脳みそを腐らせる”

伊坂幸太郎の『重力ピエロ』でこんな言葉があったが、確かに私の脳みそは腐ってきている。倍速で見れば頭の回転が速くなるかもしれないが、観たいと思わないのだ。

 自分で何を言っているのか、何が言いたいのかわからなくなりました。

 

さて、テレビのwowwowで観た『素敵なサプライズ』。

主人公の祖母が亡くなるところから始まります。

「お迎えが来たわ。ほっとした?悲しい?それともうれしい?何も感じないの?」

「僕はなにも」

「残念だわ。本当に願っていた。愛しているわ」

主人公は子供の頃の心の傷で、ずっと感情がないままに成長してきました。両親はすでに亡くなっており、彼は家族がいなくなってしまいます。元貴族の広い屋敷を売り払って死ぬことを考えますが、自殺は上手くいかない。ふとしたことである代理店のことを知ります。自殺をほう助してくれる代理店。そこでサプライズな死に方を希望します。一旦サインをすれば翻すことはできない。その代理店で棺桶選びをしていた時、ある女性と出会います。代理店に申し込みを終えた後、その女性と何度か会って話をし、彼女は彼の家で執事をしていた人から、彼が子供の頃に会った出来事を聞きます。その時から活発だった彼は感情がなくなってしまった。女性も彼もお互いにひかれあい、執事に奥さんと出会ったときどう思ったか尋ねます。

「ビビッときたか?恋だと確信を持てたか?」

「恋は理屈ではありません」

「妙なんだ。トラックにひかれる寸前何かを感じた。心の中に」

「恐怖ですか。きっと何かを失う怖さです」

「よかった」

彼には感情が戻り始めます。家を売るのもやめようと思います。そして彼は死ぬのを延期してもらうよう代理店に行くのですが、代理店は難色を示します。

最後のほうで意外なことが分かります。女性の様々な事実。執事のサプライズ。

大邸宅の小さめの高級車がでてきたり、手相占い、死んだら次のステージに行けるとか楽しませてくれる映画でした。 暖炉の火がいい感じでした。

 

 

ポスター画像

雨の日に聴きたい曲 「アイライクショパン」 ガゼボ

 

 

お題「雨の日に聴きたい曲」

 

ガゼボ 「アイライクショパン

Gazebo - I Like Chopin - Gazebo

「雨音はショパンの調べ」小林麻美さんがによって、松任谷由実さん訳詞の日本語バージョンで歌われていました。またポールモーリアがグランドオーケストラで演奏していたので、BGMとかで耳にしたことはあると思います。

ガゼボの原曲バージョンが一番好きです。

「雨の日に聴きたい曲」というお題ですぐ曲は思い出すのに、題名が思い出さない。何かの時に突然思い出しました。

今週は本格的な梅雨空になってきましたが、来週はまた晴れの日が続くようです。

今まで晴れ続きだったので、なんだか雨が続くのが嬉しいですね。雨の多いところは大変らしいけれど。干物になりそうなくらい暑い夏になる前のひとときを、少し楽しみたいです。

 

魔法が使えたら「どこでもドア」が欲しい

 

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

ありきたりなベタな発想ですが「どこでもドア」を作りたい。

この「ドア」が重要です。扉を開くと別世界が広がる。そういうドアが欲しい。

若い頃は仕事に遅刻しそうなとき、車を飛ばしながら「どこでもドア」があったらなぁと思っていました。

今は、日常から離れて一人でどこかへ行ってみたい。

扉を開けるとブナの森がある。原生林が広がっており、湧き水が出てそれが小さな川になっている。光が差し込み鳥の声と水の音が聞こえる。そんなところで一人で何も考えず、何時間もボォーとしてみたい。

扉を開けると、満天の星空が見える。カルスト台地で見た星空は綺麗だったな。真夏に巨大なオリオン座を見た。教科書のとおり、星には黄色や赤の色があることを初めて体験した。

扉を開けると、アイルランドに来ていた。

汽車に乗って、
アイルランドのようないなかへ行こう。
人々が祭の日がさを くるくるまわし、
日が照りながら雨の降る、
アイルランドのようないなかへ行こう。
まどにうつった自分の顔を道づれにして、
湖水をわたりトンネルをくぐり、
めずらしい顔のおとめや牛の歩いている、
アイルランドのようないなかへ行こう

丸山薫

 小学校の時にこの詩を知り、アイルランドはどんなに素晴らしい国だろうと思っていたました。多分アイルランドには行くことがないと思う。

豪華寝台列車が話題になっているけれど、各駅停車の青春18きっぷでもいい。外の風景を眺めながらどこか遠くへ行ってみたい。しかし仕事や家族のことやらでそんな多くの時間をとることはできない。

だからぼんやりと時間をすごせる場所にすぐ行ける、どこか別の世界の扉「どこでもドア」が欲しいなぁと思うのです。

 

AKBの女の子の結婚話で思ったこと

 

今から10年くらい前かな?AKBがまだ売れていなかったとき、ある商店街の一角でオタクっぽい男の人が何十人か集まっていた。聞くところによると、AKBがもうすぐここにやってくるらしい。AKBという名前だけ知っていた。秋葉原で活躍しているアイドル。あと30分ほどで観ることができたが、家に帰らなければならなかったのでその場所を離れた。確かあの時は無料だったと思う。こんな地方の商店街の一角に無料でライブをするために来ているグループだった。それから瞬く間にAKBはメジャーになった。売れるか売れないか、先が見えないアイドル業界で、彼女たちは頑張ってこの地位を築いたことは立派だと思う。

これも5年くらい前かなぁ。乃木坂がデビュー間もない頃、イオンの複合施設にイベントで来ていた。「CDを買っていただいた方に限り、(握手か写真撮影か忘れたが)そんなことができます」と放送していた。一緒にいた娘に「もうすでにCDを買って家にある人はどうしたらいいの?」と聞くと「もう一枚買うんだよ。AKBなんていうのはそういう風にしてCDの売り上げを伸ばしているグループだから。その点嵐は本当にすごいよ。純粋にCDを売っているから」。その年はCD売り上げ年間ベストテンにAKBと嵐が独占していた年だった。

土曜日テレビをつけたら、ある女の子が「私結婚します」と言っていた。誰???。今回の選挙は、美人で歌が上手い大好きな山本彩ちゃんがでないので、あまり興味がなかった。そもそも知っている子があまりいない。そしてこの子誰???聞いたことのない子。

次の日「DAMN」のシャツを着た写真がネットで流れた。アホなのでグーグル翻訳で調べた。「くっそー」?????

「感謝」とか「すみません」じゃないの?なんなのこのこ???

山本彩ちゃんの動画が流れていた。「あの人の考えていることはわからんわ」

可愛い!!!キュート!!!

様々な事実らしき事がネットで流れだした。

「私結婚します」とだけ言って「卒業します」と言わなかった。このまま続けるの?20歳で結婚して80歳まで生きるとしたら、これからの長い人生をどうするの。秋元康さんは知っていたらしいけれど、握手やら写真やらのために、無駄にCDを何枚も買わせて結婚しますはないでしょう。

こういうやり方でCDを売るのはこれで終焉を迎えるのだろうか。

AKBとは関係のない話だけど、ごく身近なところにいる元ママ友が3人離婚や別居をした。いわゆる熟年離婚で、子供が成長した後、別離を迎えた。共通しているのは下の子どもが高校を卒業した後だということ。まぁ私も考えたからわからなくはない。若い頃は未熟で利口じゃないので結婚を深く考えなかった。子育てに夢中になり、子供が巣立った後、若い頃よりかは少し賢い女になり、相手のことがよく見えてくる。人間的にこの人の考え方が好きではないと思いだす。そして彼の年老いた両親の介護の問題も出てくる。

20歳そこそこで「結婚します」なんて大きな声でいうと後悔するよ。もう少し遊んだほうがいいから。遊んだり学んだりしながら、どうしてもこの人とずっとともに生活をしていきたい、と思うなら結婚したらいい。恋愛は続かない。結婚は二人で生きることになる。幸せは続かないかもしれない。どんな不幸が来ようと寄り添ってあげること。そういう不幸を受け入れること。どんなことがあっても二人で生きること。

「DAMN」は無謀なことをしてしまった、との後悔の「くっそー」だったのだろうか。

 

 

映画『これが私の人生設計』 感想

 

 録画がどんどん溜まってしまう。見たい映画がありすぎる。最近BSプレミアムの映画が名作が多いのでwowwowに加えて録画をしてしまう。『80日間世界一周』はいい映画だったが、ジュールベルヌの小説を読んだ方が面白いんじゃないか?読んでないが、小説のほうが詳細に書かれていて映画より絶対いい。よく小説の映画化がされるが、小説を読んだとき、頭の中でイメージしたものがあったものの、映画化されるとものの見事にぶち壊される。なかにはいい映画もある。朝井リョウの『桐島、部活辞めるってよ』は小説は嫌いだった。しかし映画はかなり良かった。こんなつまらない小説なのに、映画にするとこんなに面白くなるんだ、と思った。(朝井リョウさま、大変申し訳ありません)。テレビばかり見ているので、そろそろ本が読みたくなってきた。

  この辺で映画を辞めて本を読もう、と思いながら観たこの作品。典型的なイタリア映画です。イタリア人は恋愛と食べ物が大好きなイメージがある。バリバリのキャリアウーマンの建築家として様々な世界で活躍してきた女性が、故郷のイタリアへ帰ってきます。ところがそうはうまくいかない。貯金が底をつき、レストランでアルバイトをすることになる。キャリアウーマンらしく何か国もの言葉を話せるので客と会話ができる。世界の客に料理の説明ができる。そしてオーナーの男性に心惹かれるのだが、彼はゲイで...。そして就職先の面接に行くがイタリアは男尊女卑が酷くて、思わず嘘をついてしまう。

面白い!!これぞイタリア!!ロマンチック(?)ドタバタコメディです。

「外国に居てもそのうち恋しくなるわ。

外国で暮らしていると孤独で傷つきやすくなるの。

あなたとランチをすると癒される」

これが世界で活躍した女性がイタリアに帰ってきた理由でした。肩ひじを張って頑張ってみたものの、安らげる場所は故郷イタリアしかない。彼がゲイであっても、やはり落ち着ける居場所だった。

笑えます。ミニシアターで観たら余計笑えたような映画です。

 

ポスター画像