this worthless life

思ったことをそのまま書きます

PTA役員の話3

下の子が6年になったばかりの春、義理の祖母が亡くなった。朝早く電話が鳴り知らされた。私の子供にとっては曾祖母になる。その日は仕事に行き、夕方からお通夜に行くことになった。ちょうどその日、PTAの会があり、上の子の時子供会会長をしたので、下の子は比較的楽な広報係をすることになっていた。同じ広報係になった知り合いに、今日の会には行けない旨を伝えた。するとその人は「今日の会で広報係の部長の選出がありますよね。なかなか決まらないと思うのですが、それはどうするのですか」むっとしたが、「もし、あみだくじのようなものがあれば私の名前も入れておいてください。構いませんよ。」と言って電話を切った。その後学校へ電話をし、同じように休む理由を話し、くじになれば私の名前も入れておいて欲しい。もし部長になればやるだけのことはします、と言っておいた。

次の日、葬式のため喪服に着替えていたら電話が鳴った。「小学校PTA会長の〇〇です。いつもお世話になっております。昨日広報係で選出があり、あなたが広報部長に選ばれました。」「え…?」「くじ引きで決まったらしいんですが。私も連絡してほしいと言われただけで。それで、本部役員とともにこれから1年間の予定の話をしたいのですが、〇日〇時に校長室まで来ていただけますでしょうか。」「かしこまりました…」

本人不在で、しかもお通夜に行っている間に広報部長???ふざけるなよ。

数日たって例の知り合いに「私は広報部長になったんですか?」というと「えぇ!あぁそうだった。決め方聞きましたか?なかなか決まらなかったんですよ。1回目では決まらなくて。広報係は人数が少ないから当たる確率が高いんです。」じゃあなんであなたはならなかった?こっちはお通夜に行ってたんだぞ。

学校での全体集会の時、今年1年間本部と一緒に働く役員として紹介された。紹介されて帰るとき、1人のひとが走り寄ってきて、「広報の副部長の△です。よろしくお願いします。挨拶が遅れて申し訳ありません」と言ってくれた。△さん?そういえば去年転校してきたとか言ってたな...。

5月になり、子供が驚くことを言ってきた。「△ちゃん。8月にまた転校するって。お父さんの仕事で〇〇県に行くって。」そんな遠いところに行くの?「去年来たばっかりなのに。」2週間後くらいに広報係の会議があった。「△さん〇〇県に引っ越すんですか」他の人に言った。「そう。びっくりした。去年来たばっかりなのにね。」「今日はまだ来てないの?」「もう引っ越していないよ。」「えぇ!8月って言ってたけど。」「早くなったらしい。」聞いてないよー。まだ5月だよ。代わりの副会長になろうとする人は誰もいない。先生も何も言わない。結局一人で司会をし、1人で記録をした。

1人で各学年がまとめてくれたアンケート結果の集計をし、エクセルでグラフを作り、学校新聞に載せる準備をした。ゲスト講師の話を感想文にして書いた。広報部長の仕事に関しては、楽しかった。最後に先生が、「一人で何もかもして頂いてありがとうございます。」と言ってくれた。広報部長の仕事に関しては、枝葉の仕事よりも中心になってするほうが面白かった。

先生の歓送迎会に出席してください、とプリントが届いたが行かなかった。

www.buzzfeed.com

 

<自分がよいと思っていない団体の一員になることが、自分にも子どもにも恥ずかしいのです>

 

PTA役員を辞めるという選択をした人には本当に拍手喝さいを送りたい。

私も、PTAの団体は快く思っていない。だから役員をしない人を「変わっている人」とは思わない。したくない人はしなくていいし、しない人の批判をするのは間違っている。

fujipon.hatenablog.com

役員の話にはまだ後日談があり、上の子が中学3年になったとき、また中学子供会の会長選びがあった。小学校で会計をしていた人から連絡があり、「中学の会長を決めるから朝10時にファミレスに来てほしい。」「一度会長になった人はしなくていいルールになっているから、していない人は2人しか残っていない。その2人が会長と副会長になるって決まっているんじゃない?」「〇さんは何もしてくれないから、一緒にする△さんがかわいそうだ。だからみんなで集まって話し合うことにした。来ない、と言う事はやってもいいと言う事だから、もしあなたが来なければ、あなたがやっていいと言う事だから。あなたが会長をすることになるからね。」と言って電話を切った。ファミレスに来たら、結局〇さんと△さんが役員をすることになっていた。〇さんは来ていなかったが引き受けたらしい。

「そういうことで、さぁお腹すいたからみんなでモーニング食べよ。」

なんにしようか、と笑いながらメニューを食い入るように見ていた元会計を横目に、くすぶりが消えない私はコーヒーだけを注文した。