読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

this worthless life

思ったことをそのまま書きます

若い頃していたボーリング

今週のお題

今週のお題「何して遊んだ?」

 

若い頃、ボーリングをして遊んでいました。

ボーリングが好きだったわけではありません。もともと運動全般において不得意な私は、友人が好きだったので、一緒に付き合って遊んでいたというだけ。ボーリングをするにあたって、ボールが重たい。だから一番軽い子供用の赤いボールを選んでいました。それでも投げると、レーンの上でドーン、と大きな音をしてボトンとボールが落ちてしまう。「レーンに穴が開くんじゃない?」と笑われながら、それなりに楽しくしていました。それでも奇跡的にストライクが入ることもありました。

あるとき、ガーターが続いて「今度はストライクをだすからね!」と言って大きく腕を振り上げると、ボールが後ろに飛んでいきました。友達がゲラゲラ笑って、隣のレーンの人も私を見てゲラゲラ大笑いをしていました。漫画『あたしンち』で同じシーンがあり、実体験と重なり合って笑いました。違うのは、漫画では観ていた友達が青ざめた顔をして「死ぬかと思ったわ」と言っていましたが、私の場合は誰もが大笑いをしていました。だからボールは安全なところに飛んで行ったんでしょう。まぁ後ろに飛んだ時点で安全とは言えませんが。

そのあと喫茶店でチョコレートパフェをよく食べていました。

そういえば喫茶店巡りもよくしていました。懐かしい思い出です。