読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

this worthless life

思ったことをそのまま書きます

お布施

トピック

トピック「宗教」について

私の家は確か真言宗に属していると思う。

毎年数回、檀家の住職さんがお経を読みに来てくれる。その都度、お布施を用意しているのだが、これを渡すことを疑問を持ったり、嫌な気になったことは一度もない。

祖父が亡くなった時も、いくら渡したらいいのか人に聞いて、住職さんには確か10万円くらい渡したと思う。故人のためにお経を読んでいただいてありがとうございます。本気で思っているから、良くして頂いているから、お布施を渡して当然であると思っている。

子供が幼稚園に入り、ママ友とも付き合いが多くなり、思うことは、新興宗教に入っている人は想像以上に多いことだ。姑から「新興宗教に入ると言う事は、いまある檀家をないがしろにすることだ」と言われていたし、興味もなかった。

あるママ友と親しくなった。仕事をしていて、子供を一人ぼっちにしていた時「一緒に映画会に連れて行ってあげる。困っているときはお互い様だから」と、私の子供を連れて、幼児の映画会やイベントによく連れて行ってもらった。涙が出るくらい良くしてもらい、非常にお世話になった。彼女が某新興宗教に入っているという事を人づてに聞いた。やがて旦那さんの仕事の関係で、彼女は遠方へ行ってしまった。年賀状のやり取りが続く程度になった。数年ぶりにこっちに来るからと、会うことになった。長く会ってなかったので、会うのは嬉しかった。喫茶店で話をしていると「ところで今度の選挙は誰に入れるか決まってる?」「?なにも??」するとカバンの中からパンフレッドを取り出して説明を始めた。「〇〇党の××さんに入れてくれない?教育のことも福祉のことも非常に良く考えてくれて、ぜひ入れてほしいんだけど」「いいよ」軽い気持ちで引き受けた。「あと比例代表は〇〇党に入れて欲しい」「わかった」

それから数か月後、電話がかかってきた。「〇〇新聞をとってくれない?」「いいよ」1か月の間、宗教新聞をとることになった。また数か月後「〇〇新聞を2か月間とってくれない「今ちょっとお金がなくって」「じゃぁ1か月は私がお金を出すから、新聞だけとってほしい。あとの1か月だけでいいからお金を払って読んで欲しいんだけど」「それならいいよ」そしてまた数か月後、同じ電話がかかってきた。幼稚園の時、本当につらかった時、彼女に助けてもらった。「いいよ」

私には家族がいる。家族がその新聞を見て「浮世離れした1面記事。こんな新聞読むところがない。どうしてもとってやりたいのならお金だけ渡せ。新聞は要らない」

それから私はメールアドレスを変えた。彼女との付き合いは以前のように年賀状だけになった。

彼女が人柄的に非常に尊敬できる人であり、その思いは今も変わっていない。個人的に何の宗教に入ろうとそれは個人の自由だが、他人を少しでも巻き込むなら、その宗教は人を傷つけるという行為をしているのではないか。

「政治と宗教と学歴の話はするな」

若い頃に聞いたことがある。そして今、こうして宗教の話を書いていると、何とも言えない嫌な気分になっている。