読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

this worthless life

思ったことをそのまま書きます

『ラ・ラ・ランド』は、ぜひ劇場で見て欲しい映画です

映画

『ラ・ラ・ランド』を観てきました。

私は評判のいい『君の名は』はそこまで好みではありません。入れ替わりの映画なら大林宣彦監督の『転校生』は大好きです。高畑勲監督の『火垂るの墓』は痛々しいので好みではありません。『この世界の片隅に』は大好きな映画です。

『ラ・ラ・ランド』の感想・・・いいものを観させていただきました。

今年は始まって間もないけれど、私の中で多分、2017年のナンバーワン映画になると思います。

『ラ・ラ・ランド』の意味

  1. カリフォルニア州ロサンゼルス
  2. 現実離れした世界、おとぎの国
  3. 現実から遊離した精神状態    ※引用

この場合は1と2が当てはまると思います。ハリウッドは「おとぎの国」。

オープニングに流れる”Another Day of Sun ”。興奮冷めやらず、YouTubeでこの曲を聴きながらこの文章を書いています。これ以外にも、映画に流れるすべての音楽がいい。

エマ・ストーンが最高にかわいい。表情がいい。声がいい。彼女を今まで意識したことがなかったけど、めちゃくちゃ好きになりました。

監督は本当に映画の好きな人なんだと言う事がわかります。ジョージ・チャキリスのウエストサイドストーリを彷彿させる演出。ニューシネマパラダイスのようなエンディング。(だいぶん違うか?)何かの理由で別の道を行くことになる。扉を開くと、そこでもうひとつの自分の選ばなかった人生をみる。大成功をしたけれど、なにか足りないものがある。エマ・ストーンが何も言わずバーを後にする。この時のエマストーンの表情がいい。

これはレンタルDVDとかテレビとかでは値打ちは半減しますよ。

必ず劇場で見て欲しい。映画館のなかで私たち自身が『現実離れした世界、おとぎの国』ラ・ラ・ランドを体験します。

エンターテイメントに徹した映画です。アカデミー監督賞はとって当然。『セッション』もメッセージがある映画ではないが、素晴らしく恰好良かったのと同じで、この映画のストーリーは鉄板です。アカデミー賞は芸術性よりも文化的なメッセージを求めるので、この映画が作品賞をとれなかったのもわかるような気がします。アバターが作品賞をとれなかったのと同じ理由です。

とにかくこの映画はすごいんです。ボキャブラリーがないのがつらい。

こんな映画が観たかったんだ!!

Another Day of Sun - La La Land (Original Motion Picture Soundtrack)