this worthless life

思ったことをそのまま書きます

「あいつ今何してる?」 霊能者になっていた!

遠方に住んでいる友人が訪ねてきてくれた。

「会うのは何年ぶり?2年ぶり?」

お互いの近況を話した。癌のステージ4でも全然元気なこと。自分は残り時間が長いようで短いから、子供か年寄りかのための小さな施設を作るんだ。ネットで医療事務を無料で教えるサイトを作るのならすべきだよ。私も医療事務を学びたいと思っている。介護事務を勉強したいんだ。生きている間にそういう施設を作り、あとは誰かに託したいと思っている。家でただぼんやりしていたってしょうがない。介護士の仕事を私は生きがいにしている。

相変わらずすごいな。

私は仕事を辞めて、毎日楽しいパン作りに励んでいる。ハナゴトさんとか他のサイトを見て、自分なりにアレンジをして作っている。しかしハナゴトさんの足元にも及ばない。下手の横好き。

http://nekofuwa.hatenablog.com/

ナレーターの登録に応募したいと思いながら、準備も何もせずにいる。録音して送るということが、パソコンが苦手な私にとってネックになっている。

無料で学べる医療事務のサイトを作ろうとしたが、パソコンがイマイチなので思うようなサイトが作れない。それで数ページ作ったが、すべて削除してそのままになっている。ITパスポートの資格を持っていても全く役に立たない。パソコンが使えない。それと同じで、何十万ものお金を払って医療事務の資格を取っても役に立たない場合がある。医療事務で大切なのは資格でない。だから無料で資格のとれるサイトを作りたかった。

仕事を辞め、ストレスは無くなりそれなりに充実はしている。しかし私は何もせずにいる。

〇△という名札を付けた店員さんが料理を運んできてくれた。

「そういえば〇△さんに会うことある?」

「ない。何年か前にスーパーで声をかけられて、少し話をしただけ」

下の子供が幼稚園の時、私たち3人は役員になった。忙しかったけれど楽しかった。

そして今会っている彼女は夫の転勤で引っ越しをし、何回かの転勤の後、遠方に行ってしまった。

「〇△さんのことを時々思い出すのよ。何しているのかなって。固定電話の番号がわかったら教えてくれない?いつでもいいから」

家に帰り、彼女の名前と住所で検索をした。

ホームページが出てきた。××市とあり、彼女の名前が書いてあった。

『霊能者』1時間3000円。お祓い1回1万円。清めの塩1袋2000円。

自宅から1時間以上離れている地方都市で店を開いていた。

Facebookもあった。××市。職業「霊能者」。そしてマツコ・デラックスまでとはいかないまでも、ふくよかな女性がカーテンのような服を着て笑っている写真があった。〇△さんだった。唖然とした。

ブログもあった。読者550人(はてなブログではない)

この読者たちは霊能者を信じているのか?

一緒に役員の仕事をしているとき、私以外の2人は霊が見えると言った。〇△さんが私に「肩の上に悪い狐がついているよ。お稲荷さんに行ったことない?お礼をしていないでしょ。油揚げをもってそのお稲荷さんに行きなさい。そしてら狐は消えると思うから」

私は子供の頃行ったことのあるお稲荷様に行き、油揚げを置いてきた。

「狐はいなくなった?」

私以外の二人は何やら話し合った後、「狐は消えたよ」と言ってくれた。それで、そのあと何が変わったかというと何も変わらない。伏見稲荷に行った後じゃなくてよかった。伏見稲荷まで油揚げを持っていくのは大変だった。

一緒に仕事をしながら、私は同居をしている義理の両親の愚痴をこぼした。〇△さんは「別居をして引っ越しをしたほうがいい。あの家はよくない。今に悪いことがおこる。あなたはノイローゼになりそうなくらい悪いことがおこる」そう言った。次の年、私は子供会の会長になった。「ねっ。私の言ったとおりでしょ。だから別居をして引っ越しをしていたらよかったのに」「...」。子供会の会長になったことがノイローゼになるくらい悪いことだったのか?確かに嫌だったけれど。

夫が事故を起こしたことを話すと「私ね、あなたのことを考えて、最近汗をかいてドキドキしていたの。あなたに電話をしようと思ったの。あなたに何か起こるんじゃないかって。私って本当にすごいでしょ」「本当にすごいね」口ではそう言いながら、事故を起こした後で言われても。じゃぁなんで電話をしてくれなかったんだ?

携帯電話の番号を教えてくれた。しかし付き合いたくない相手だったので家に帰ってすぐ捨てた。役員を辞めてからも、固定電話を使って何度か電話をもらい話をしたけれど、それ以上にはならなかった。

それは私の友人も同じで、電話番号の紙をくれたけれど失くしてしまったらしい。

どちらかというと、私は占いとか信じていた方だと思う。何人かの占い師にお金を払って何度かみてもらった。そのうち1人は過去のことが驚くほど当たっていた。未来のことは半年先までくらいのことは当たった。その通りになり驚いた。そしていくつかの項目は彼の言ったとおりになっている。彼は未来のある部分が見えていた。

別の四柱推命の占い師はこの職業は向いていない、あっちの方が向いている、と言ってくれた。その人も、私の未来が見えていたようだった。

商店街の手相占いにもみてもらった。まあまぁまぁ、ある部分が当たった。

その3人。あとはお金の無駄遣い。占いにどれだけお金を使ったんだw。

こういう人にお金を払って求めるものは、暗闇にいるとき、高いところに光があり、そこから垂れている蜘蛛の糸にすがりつくような気持でお金を払い観てもらう。

占い師に共通して言えることは、今の状態をどうすればいいか、その方法を知りたいのに教えてくれないこと。未来を知ったところでどうにもならない。

ましてや過去のことも未来のこともわからない、ただ霊が見えるというだけで『霊能者』としてお金を取るのか?これを職業とするのか?ネットって怖いな。私の友人も確か霊が見えると言っていたが、癌になり、他の場所に転移し、気が付けばステージ4になっていた。

友人にメールを送った。

「××市〇△さんの名前で検索してください。ホームページとブログとFacebookがあります。職業 霊能者です。高い金額で 霊の浄化 塩 セッションをしています。」

彼女から返信が届いた。

「この件につきましてはノーコメントとさせていただきます」