this worthless life

思ったことをそのまま書きます

映画『これが私の人生設計』 感想

 

 録画がどんどん溜まってしまう。見たい映画がありすぎる。最近BSプレミアムの映画が名作が多いのでwowwowに加えて録画をしてしまう。『80日間世界一周』はいい映画だったが、ジュールベルヌの小説を読んだ方が面白いんじゃないか?読んでないが、小説のほうが詳細に書かれていて映画より絶対いい。よく小説の映画化がされるが、小説を読んだとき、頭の中でイメージしたものがあったものの、映画化されるとものの見事にぶち壊される。なかにはいい映画もある。朝井リョウの『桐島、部活辞めるってよ』は小説は嫌いだった。しかし映画はかなり良かった。こんなつまらない小説なのに、映画にするとこんなに面白くなるんだ、と思った。(朝井リョウさま、大変申し訳ありません)。テレビばかり見ているので、そろそろ本が読みたくなってきた。

  この辺で映画を辞めて本を読もう、と思いながら観たこの作品。典型的なイタリア映画です。イタリア人は恋愛と食べ物が大好きなイメージがある。バリバリのキャリアウーマンの建築家として様々な世界で活躍してきた女性が、故郷のイタリアへ帰ってきます。ところがそうはうまくいかない。貯金が底をつき、レストランでアルバイトをすることになる。キャリアウーマンらしく何か国もの言葉を話せるので客と会話ができる。世界の客に料理の説明ができる。そしてオーナーの男性に心惹かれるのだが、彼はゲイで...。そして就職先の面接に行くがイタリアは男尊女卑が酷くて、思わず嘘をついてしまう。

面白い!!これぞイタリア!!ロマンチック(?)ドタバタコメディです。

「外国に居てもそのうち恋しくなるわ。

外国で暮らしていると孤独で傷つきやすくなるの。

あなたとランチをすると癒される」

これが世界で活躍した女性がイタリアに帰ってきた理由でした。肩ひじを張って頑張ってみたものの、安らげる場所は故郷イタリアしかない。彼がゲイであっても、やはり落ち着ける居場所だった。

笑えます。ミニシアターで観たら余計笑えたような映画です。

 

ポスター画像