this worthless life

思ったことをそのまま書きます

AKBの女の子の結婚話で思ったこと

 

今から10年くらい前かな?AKBがまだ売れていなかったとき、ある商店街の一角でオタクっぽい男の人が何十人か集まっていた。聞くところによると、AKBがもうすぐここにやってくるらしい。AKBという名前だけ知っていた。秋葉原で活躍しているアイドル。あと30分ほどで観ることができたが、家に帰らなければならなかったのでその場所を離れた。確かあの時は無料だったと思う。こんな地方の商店街の一角に無料でライブをするために来ているグループだった。それから瞬く間にAKBはメジャーになった。売れるか売れないか、先が見えないアイドル業界で、彼女たちは頑張ってこの地位を築いたことは立派だと思う。

これも5年くらい前かなぁ。乃木坂がデビュー間もない頃、イオンの複合施設にイベントで来ていた。「CDを買っていただいた方に限り、(握手か写真撮影か忘れたが)そんなことができます」と放送していた。一緒にいた娘に「もうすでにCDを買って家にある人はどうしたらいいの?」と聞くと「もう一枚買うんだよ。AKBなんていうのはそういう風にしてCDの売り上げを伸ばしているグループだから。その点嵐は本当にすごいよ。純粋にCDを売っているから」。その年はCD売り上げ年間ベストテンにAKBと嵐が独占していた年だった。

土曜日テレビをつけたら、ある女の子が「私結婚します」と言っていた。誰???。今回の選挙は、美人で歌が上手い大好きな山本彩ちゃんがでないので、あまり興味がなかった。そもそも知っている子があまりいない。そしてこの子誰???聞いたことのない子。

次の日「DAMN」のシャツを着た写真がネットで流れた。アホなのでグーグル翻訳で調べた。「くっそー」?????

「感謝」とか「すみません」じゃないの?なんなのこのこ???

山本彩ちゃんの動画が流れていた。「あの人の考えていることはわからんわ」

可愛い!!!キュート!!!

様々な事実らしき事がネットで流れだした。

「私結婚します」とだけ言って「卒業します」と言わなかった。このまま続けるの?20歳で結婚して80歳まで生きるとしたら、これからの長い人生をどうするの。秋元康さんは知っていたらしいけれど、握手やら写真やらのために、無駄にCDを何枚も買わせて結婚しますはないでしょう。

こういうやり方でCDを売るのはこれで終焉を迎えるのだろうか。

AKBとは関係のない話だけど、ごく身近なところにいる元ママ友が3人離婚や別居をした。いわゆる熟年離婚で、子供が成長した後、別離を迎えた。共通しているのは下の子どもが高校を卒業した後だということ。まぁ私も考えたからわからなくはない。若い頃は未熟で利口じゃないので結婚を深く考えなかった。子育てに夢中になり、子供が巣立った後、若い頃よりかは少し賢い女になり、相手のことがよく見えてくる。人間的にこの人の考え方が好きではないと思いだす。そして彼の年老いた両親の介護の問題も出てくる。

20歳そこそこで「結婚します」なんて大きな声でいうと後悔するよ。もう少し遊んだほうがいいから。遊んだり学んだりしながら、どうしてもこの人とずっとともに生活をしていきたい、と思うなら結婚したらいい。恋愛は続かない。結婚は二人で生きることになる。幸せは続かないかもしれない。どんな不幸が来ようと寄り添ってあげること。そういう不幸を受け入れること。どんなことがあっても二人で生きること。

「DAMN」は無謀なことをしてしまった、との後悔の「くっそー」だったのだろうか。