this worthless life

思ったことをそのまま書きます

『マンチェスターバイザシー』 感想

ミニシアターで観てきました。

冒頭、船の上で主人公のリーとリーの兄の小さな息子とがふざけあって笑っている、睦ましい姿が映し出されます。それからすぐ雪の降るボストンで便利屋として働いている現在のリーが出てきます。人と接することを好まず、ただただ生きているだけの生活をしているとき、兄が亡くなったと知らせを受けます。そして何年振りかに故郷のマンチェスターバイザシーに帰ります。「あのリー?」故郷ではリーの姿を見てそういいます。兄は数年前から虚血性心不全の診断を受けており、生前、弁護士に息子の後見人をリーに託すと遺言を残していました。リーは自分が犯してしまった取り返しのつかない罪からこの街に戻ることを好みません。高校生になっていた兄の息子パトリックにボストンで暮らすと言いますが、パトリックは友人などの関係から町を離れることを嫌がります。離婚した兄の奥さん(つまり自分の母親)とパトリックは連絡を取り合っていて、母と暮らしたいとも思いますが、母親と再婚相手はパトリックとの間に距離を置きたがります。主人公のリーを演じていたケイシー・アフレックがアカデミー主演男優賞をとっていましたが、この兄の息子役の青年も演技がかなり上手い。チャラ男であり父親を亡くし母から突き放された陰のある青年とを非常に上手く演じています。現在と過去とが交差されますが、兄は誰よりもリーを心配していた。リーは故郷を離れ、罪悪感から自分は幸せになってはいけない、と思っていたのだろう。それで何もないアパートで最低賃金の便利屋として働いていることを知り「この部屋は生きているものの部屋ではない」と、自分の息子と家具を買いに行った。リーにしっかりと生きてもらいたかったからこそ息子の後見人にした。それが兄の優しさだった。

静かな映画でした。アカデミー脚本賞をとっただけあって、脚本もそして出てくる俳優がすべて上手い。

罪にはならなくてもどうしても自分が許せない、この街にいるのは辛すぎる。

私は音楽のことは詳しくないのですが、、夫とこの映画を観に行ってジャズ好きの夫が「音楽のチョイスがいい」と言っていました。過去の幸せだったころに流れるレイチャールズ。そしてラストに流れる「 I’M BEGINNING TO SEE THE LIGHT」ジャズの名曲だそうです。”光が見えてきた”

 

ポスター画像