this worthless life

思ったことをそのまま書きます

映画『花筐/HANAGATAMI』感想

 

今年初めての映画かな。

大林宣彦監督の最後の映画ということで観に行った。

若い頃、テレビの深夜劇場で鈴木清順監督の『ツィゴイネルワイゼン』を観た。

正確には最後まで観ていない。途中で寝てしまった。なんだか訳がわからなかった。

その映画を彷彿させた。『ツィゴイネルワイゼン』も今だったら見終わった感覚が違うかもしれない。

エンドロールが流れだし、身体が軽く震えた。それぐらい凄い映画だった。いや、申し訳ないが、最近見た他の監督とは格が違う。

『転校生』『さびしんぼう』『異人たちとの夏』どれも非常に好きな映画だった。それらは人間の孤独や出会いと別れをノスタルジー豊かに描いていた。

『花筐』

真珠湾攻撃が始まるよりも少し前、榊原はアムステルダムに住む両親の元を離れ、唐津に暮らす叔母の元に身を寄せ、海のそばの大学予備校に入学する。あどけない彼は反骨的で大人びた鵜飼(抜群に男前です)と吉良に好意を持つ。結核の病で病床に臥せっている叔母(常盤貴子。美人です)の亡き夫の妹(この子も非常に美人です)。妹の友人たち。鵜飼、吉良。

上流階級の叔母の家で、7人で囲む洋風の食事やダンスのシーンが非常に美しい。この食卓の風景からは戦争の影はどこにもない。

命が少ないことを感じる女学生が考える生きること。

自分はやがては戦争で死にゆく身なのだと考える青年の生きること。

歩けなかった自分が歩けるようになった時、自分のせいで母親が死んだのではと懺悔する青年の生きること。

戦争がはじまり、知り合いが一人また一人と消えてゆく。

「娼婦が一番偉いのさ」

 

  ゆきずりの まぼろしの 花の宴 苦しくも たふとしや

 

ほんのひとときかもしれない。青春時代の花の宴。

ピンク色の桜の花びら。赤い血。山。海。赤い彼岸花。大きな月。耽美な映像は圧巻です。

日本人である素晴らしさ。ラ・ラ・ランドのようなハリウッドのハッタリとは違う、本物の日本の映画を観ることができました。

※私はハッタリ映画のラ・ラ・ランドは大好きです。